視野検査

~12月21日(火)~
健康診断の結果、眼底検査において”視神経乳頭陥凹拡大”で『要検査』と言われたので眼科で眼底検査してもらった。
一応大丈夫そうだけど視野検査もしてみましょうとのことで本日検査に行ってきた。

近所なので9時半の予約なら10分前に出れば余裕だなとか思っていたらエレベータ遅い&信号赤&遮断機おりてるのコンボをくらって受付に予約票を出したら9時半ジャストでいきなり疲れたヽ(;´Д`)ノ
何故か今日も眼圧の検査をされて、目にぶしゅっと空気が当ってびっくり目になる。
これは何回やっても慣れないもんで毎回あうあうしてしまう(@@;)

視野検査は二十歳の時に網膜はく離の手術をしたのでその時に一度やったっきり。
でも何か当時と違って機械を覗き込みながらやるみたい。
あの頃は目の前にスクリーンがあってそこに赤い点が出てきたのが見えたらボタンを押すみたいな検査だったのに、えらいコンパクトにできるようになったんだな。

中心部にある黄色い光を見て、点滅する光を追わないようにと注意されて検査スタート。
まず右目からなんだけど、何だか涙目気味なので光がいくつも見えてしまって本当に点滅してるのかどうか自信がなくてうまくいってる気がしない(汗)
見えてもないのにボタンを押したら
「こいつ適当に押してんな(--)」
と思われそうで(^^;)
あと、光が強弱するので強い光を見つけたあとに弱い光がくると残像か???と思ってしまって何回か逃した気がする(´・ω・`)
看護師さんには
「ちゃんとできてますよ(^^)」
って言われたけどうーむ。
続いて左目をやろうとしたら上まぶたが重たいらしくテープで引っ張られてしまった(><)
瞬きしづらいですけど(;_;)って思ってたら少し緩めてくれたけど。
右目で慣れたせいか少しやりやすくなったような…気がする、たぶん。
両目合わせて10分くらいの視野検査終了~目が疲れたよ、ママン(。´Д⊂)

終わりかと思いきやまたあの謎の検査。
緑の印を見ながら赤い何かでスキャンされるようなやつ。
一体これは何を検査してるんだろう。
目の検査って基本的に瞬き禁止なので本当に疲れるんだよなぁ(=_=)

しばらく待って診察室へ。
「視野検査は初めてでしたっけ?」
「えと二十歳の時に一度だけやりました。」
「あぁ、そうですか。あのー左目は大丈夫だったんですけど右目に異常が出ちゃってますね。」
「右目ですか(@@;)」
「そう。ただね、視野検査って慣れてないとちゃんと結果が出ないってことがあって、そのせいかなとも思うんですよ。」
「なるほど。昔やった視野検査はでっかいスクリーンみたいなのに赤い点が出るやつだったんでちょっと違うかも。」
「今もその検査あるんですけどね、どっちがいいってこともないんですが…3ヶ月後くらいにもう一度やってみましょうかねぇ。」
「(花粉で目が死んでる頃かも…)3月くらいですか?」
「そう、不慣れなせいなのかどうか確認した方がいいと思うんでね。」
「そうですか。」
「眼底の方は問題ないと思いますよ、厚みもちゃんと出てるしね。見た目ちょっと凹んで見えるだけで、緑内障とかの心配もないと思いますから。」
「ふむふむ。」

ということで『要検査』と言われた項目は一応問題なしで報告されることになった。
相方も心配してたのでそう伝えると少し安心したみたい。
やたら心配かけてすまんの!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック