王さま

月の使者さま、お腹辺りで暴れすぎです…おとなしくしてて下さい_| ̄|○

昨夜はだるくて夕食の支度さぼりますた。
冷食の高菜炒飯とレトルトのお味噌汁、チンする炭火焼き鳥という相方ごめんなメニューですた(^^;)
こんなメニューでも
「無問題(もーまんたい)(・・b」
と言ってくれる相方で本当に良かったです(ノД`)
世の中には嫁が体調悪くて寝ていても
「おれの飯は?」
と平気で聞き、できないと言うと激しく機嫌を損ねる夫がいるとかいないとか…恐ろしい(><)

おらはヒキコモリな主婦をしていますが、ある共働き夫婦のお話。
夫は必ず家でご飯を食べる人で、何でもいいから妻が用意した物が食べたいという人。
しかし、妻も仕事をしているので夫より帰宅が遅くなる日もあるし疲れて何もしたくない日もある。
そんな時妻は
「今日は遅くなるから何か食べてくるか買ってきて食べるかしておいて。」
と夫に連絡を入れる。すると夫は
「遅くてもいいよ、待ってるから。君が帰ってきてからでいいんだ(^^)」
と無邪気に答えるらしい。
共働きなのだから先に帰宅した方が二人分の食事の支度をして待っていてくれるのが一番いいのだろうけれど、夫は料理がまったくできない。料理以外の家事は言えば手伝ってくれるらしいけれど。
妻からしてみれば遅く帰宅してから食事の支度をするのは本当にしんどいから、夫が一人で食事を済ませておいてくれた方が楽なのだけど夫は気付かない。
妻が風邪で寝込んだ時、夫は言った。
「僕は冷蔵庫の中にある物を温めて食べるから心配しないで(^^)」
妻の食事の心配はしてくれなかったそう。
妻が働くことに理解を示し仕事で食事が遅くなっても文句も言わない良い夫…だと思っている本人。
何年か経って積もりに積もった妻は夫に離婚を申し出て、理由を説明した。
何度説明しても夫には”たまには食事の支度を休みたい”としか理解できなかったらしい。

こんな夫のことを”王さまの優しさ”と言うらしいです。
決して妻に無理なことを言ってはいないのだけど妻を気遣ってはいないというか本当にして欲しいことを理解してくれてない優しさ、とでも言いましょうか。
相方は”庶民の優しさ”を持った人で良かったです(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

海っ子
2009年08月24日 13:36
うひうひ、最後はやっぱりのろけかいな。
庶民の優しさを持った相方くんを選んだちるちるちゃんの勝利ですなぁ。

以前こんな話を聞いたことがあります。
絶海の孤島に漂着したカップルに何故かパン一個があってそれを前にして、
そのパンを半分こにして食べようという男はダメなんだって。
キミが一個全部を食べろって言い切るのが真の男なんだとか。
きっと相方くんもちるちるちゃんに全部食べろって言うと思うわ。
ちるちるちゃんの文を読み続けたら判りますよ。
2009年08月24日 17:50
海っ子さま、こんにちは(^^)
庶民が一番です、えぇ(笑)

1つしかないパンを半分こするのはダメ男なんですか?(@@;)
相方の場合、気付いたら半分以上食べ終わってそうですがヽ(;´Д`)ノ

この記事へのトラックバック