二人暮らし

寒いですねぇ、もう11月も終わりですものね。
なのに何故おらん家ではこたつが出てないんだぁ!!
今週末こそ絶対に出す・・・出さないと足が冷たすぎる(。´Д⊂)

相方と同居を始めた頃、お互い一人暮らしをしていたのである程度の物はあったし、電化製品はまとめて購入していたので揃っておりますた。
しかし、食器や調味料など生活に必要な細かい物は週末ごとにちょこちょこと買い揃えていったんです。
ある時、そういえばバターがなかったなぁと思ってスーパーでバターを買おうとしたんです。
そしたら急に相方がキレますて
「バター?なんでそんなもんがいるの?うちにマーガリンあるし、バターはケースにうつさなきゃならんし!」
とおらがびっくりするくらいの勢いで言うんです。
相方が何を言ってるのかよく分からなくて
「えと・・・マーガリンとバターは違う物だし、バターのケースはおら持ってるよ(・・;)」
と答えたんですが、
「何か無駄遣い多いよね?必要なものだけそろえればいいんじゃないの?!」
と怒られますた。
何を買ったことについて無駄遣いだと言ってるのか分からず、バターだって料理に必要だから買いたいと思っただけで、特に高級なバターを選らんだ訳でもないのですが・・・。

その後、何が無駄だと思っているのかじわじわと探ってみますと、新生活に必要な品を揃える際に、”相方が一人暮らしで使っていなかった物=必要のない物”という認識だったことが分かってきますた。
例えば計量カップ、キッチンペーパー、揚げ物用鍋、灰汁取り、洗濯かごなどなど。
それらを徐々に購入していたのがすべて無駄遣いだと思っていたらしいんです。
それを口に出さずにいたのがたまりにたまって、バターを買おうとしたときに爆発しちゃったと。
おらは
「あなたが一人暮らしをする中で使わなかったからといって、二人で暮らしていくのにも必要ない物という訳じゃない。自分が使わないからいらないという考えはやめてくれ。」
と(ほんとはもっと長く)言いますた。

バターについてはマーガリンで代用できると本気で思っていたらしいです。
パンに塗るだけならマーガリンがあれば十分ですが、バター焼きなど料理に使うのにマーガリンはちょっと…。
美味しさが違うと思うんですが、間違ってますか?(^^;)

今では自分が使わない物、知らない物をおらが見つけて買ってくれと言ってもそんなに怒らなくなりますた。
そんなにというのは、たまに不機嫌な顔をするからです。
自分が使わない物の価値がよく分からないみたいです、仕方ないですけど(^^;)
おらは自分のためというより、相方に美味しい物を食べさせたいなぁという思いで、これがあったらあれが作れるなぁとか考えているんですけどね。
なかなか理解してもらうのは難しいみたいです(´・ω・`)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック