給湯システム

ぬおー寒いー(><)
早くこたつむりになりた~い!!

そんな訳でとっても寒いので、食器洗いをする時にはお湯を使うことにしますた。
台所、洗面台、お風呂の3箇所でお湯が使えるのですが、給湯システムが古いのでそれぞれで温度設定ができず共通の温度になってしまいます。
面倒なのでこれまでは一番よく使うお風呂用の温度(高め)に設定しっぱなしで、台所でお湯を使う際は水を多めに出して湯温を調節していますた。
しかしこれではガス代も掛かるし水道代も高くつくので、今年は洗い物をする際は湯温を下げることにしますた。
昨夜の洗い物をする際に湯温を下げるため目盛りの一番下辺りに設定したんです。
水の量も少なくて済むしいいことです(^^)

相方は朝の出勤前にお風呂に入ります。
おらん家のお風呂には追い焚き機能なんてないのでお風呂に入る時にお湯をためます。
そんな相方のために
「洗い物するのに温度下げるから朝お風呂にためる時は温度上げてね~。」
とちゃんと言っておきますた。
「おぅ、了解。」
とちゃんと返事も確認しますた。

そして今朝。
「風呂にお湯ためたんだけどぬるくてさ~水が多かったかなぁと思ってお湯だけにしたんだけどやっぱりぬるくてさ~。」
「いあ、だから・・・。」
「そうそう。そういえば言われてたなーって思いだして温度上げたよ(^^;)」
「忘れてたんかーいヽ(;´Д`)ノ」
何か予想できた結果ですんまそーんって感じですた(^^ヾ
これはやっぱり寝る前に温度上げておいた方がいいんでしょうか、ね?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック